2011年03月31日

たいにゃん、お誕生日だよ。

この度の東北地方太平洋沖地震により被災されました方々に、
心よりお見舞い申し上げます。
被災地の一日も早い復興を心よりお祈りしています。



実はたいにゃん、二週間と五日前から「引きこもり生活」をしています。
二階の猫様用コタツにもぐったまま、一歩も出てきません。
わずかの食事もお水もおこたの出口においてあるのに見向きもせず、
口元まで運んで差し上げないと召し上がってくださらない。
DSCN3845a.jpg
それどころか御用まで中で足しているご様子。
仕方がないので中に大判のペットシーツを敷きこみました。
その交換の際におこたから引っ張り出してもすぐに戻ろうとします。

そんなたいにゃんに、おめでとう! です。
たいにゃん、実は明日、四月一日をもって、書類上18歳になります。
お家に来た日が29日で、その時に生後一週間〜十日くらいだったので、実際はたぶん二十日前後に生まれたはずですが、獣医さんのカルテは便宜上4月1日になっています。
たいにゃんの出生を唯一文字で記録した書類です。
わが町では猫は登録ないし、たいにゃんは紙持ちにゃんこサンではありませんから、書いたものはこれだけ。

なので、

十八歳だよ。
たいにゃん。
大台にゃんこの仲間入りだよ。
おめでとう!

あったかくなったし、ご機嫌直してそろそろ出ておいでよ。
ほら、お誕生ケーキ、

DSCN3842a.jpg
たいにゃんの大好きな○ジー○ナーのイチゴショートだよ。






その頃ジュニは。

ニックネーム とむ at 22:16| Comment(2) | たいにゃんのこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年03月08日

ジュニ、はじめての……

昨日のジュニははじめてだらけでした。

まず、はじめてキャリーに押し込められて、
はじめて車に乗って、
はじめて獣医さんに連れて行かれて、
はじめて注射されて、
はじめて手術されて
はじめてのお泊まり。

無事? 終えて今日帰って来ました。

半年ほど前から必要性を感じていたあの処置です。

私的にすごく嫌で、
だからお外にいる子にしてもいいのかってずいぶん悩んで、
だからなのか、こんな人なれしていないビビリ君をお願いされた獣医さんに迷惑にならないだろうか?
とか、いろいろ考えてしまって、なかなか実行に移せませんでした。

でもね、大人になったジュニは出歩くことが多くなって、
その危険性とか、
他の雄猫に苛められたり、寝床を追い出されたり、
何より、寝てばかりのたいにゃんが、ジュニが二日も帰ってこないと家中探して歩く姿とか、見ていると、
そして、
この先のこととか考えると、(男の子、これをしなくちゃ我が家の場合完全室内飼いは無理)
やっぱり、やらなくちゃいけなくて、ついに一月ほど前に決心しました。

本来予約制の手術なのだそうですが、ジュニの場合、予約した日に家にいるかが最近は大変アヤシイ。なので、獣医さんに事情を話したところ、特別に予約なしで捕まえた日に処置してくださることになりました。
ところが、この日からと言うか、これ以前からだったかも知れませんが、
まるで察したようにジュニは獣医さんの開いている時間に寄り付いてくれなくなりました。
朝、ご飯を食べると消え、夜とぉっぷり日が暮れて獣医さんが閉まってからでないと帰ってこない。
たまぁに、日中いるかと思えば、獣医さんがお昼休みに入る一時頃現れて、午後の診療の四時前には消えている、もしくは獣医さんがお休みの日だったり。
コノヤロウ顔(汗)
本当にまるで自分の身に降りかかる不幸を予感して逃げていたとか思えない。
昨日も、珍しく獣医さんの診療時間に帰ってきたと思ったら、大雪。
できることならどこにも動きたくないよぉ。と、私が思っている日。

やめようかどうしようか、散々悩みました。
けど、獣医さんとお話をしてからもう一月近く経って、そろそろ、「ごめんなさい」って、言わなくちゃいけないかなぁ、って感じだし。
それに今日を逃したら、今の状態だと次はいつ? 十日後、二十日後、一月後?
ええぃ、ここはもう「待ったなしだ!」
と。意を決し。
獣医さんへ連絡しながらジュニをキャリーに押し込みました。


かくて、ジュニははじめて尽くしの経験をしてきました。

ごめんね、ジュニ。
ごめんね。
何回誤っても足りないね。
でもね、これで君は絶対絶対、そのときが来たらお家の子だからね。


そして、無理を気持ちよく引き受けてくださった獣医さん、
本当にありがとうございました。

ニックネーム とむ at 22:16| Comment(2) | ジュニのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする