2011年08月18日

たいにゃんが、お世話になりました。

カリカリが食べられなくなって四ヶ月、
健康面からどうしてもカリカリを食べてもらいたくて、
あぐりさんの教えてくださった(あの時はありがとうございました)、牛さんスープでふやかしたカリカリを猫缶と併用で与えていました。
それも食べられなくなってきて、何でもいいから食べてもらいたくて、四苦八苦手当たり次第に猫缶を買いあさりあれこれと食べてもらったところ、レトルトパウチのスープやペースト缶なら何とか食べてくれます。でもスープの中のわずかばかりの具はそっくり残してしまって、固形物が食べられなくなってしまったことが判明。
だったら、固形じゃなければいい?
と、
最初はフードプロセッサーやミルを使ってペーストにしてみましたが、金気臭いのか見向きもしてくれなくて、結局過去の文明の利器にお世話になりました。
とはいえ、一回分の量が少ないので、大きな道具だとロスが大きくて、とろろ用の一人分のミニすり鉢を入手。

最後の一月、自力でご飯が食べられなくなってしまったたいにゃんでしたが、
必要カロリーが目的のおいしいのかおいしくないのかわからない流動食ではなく、少しでも好きなものを食べてもらおうと思い、猫缶をペースト状にしてシリンジで与えていました。
すり鉢であたっただけではシリンジに入らなかったので、あたったものを裏ごしして徹底したペーストを作成。
やっぱり普通の裏ごし器は大きすぎたので茶漉しを使いました。

DSCN3922_edited-1.jpg

みんな、みんなミニサイズで、おままごとの食器セットのようです。
シリンジは何故かジュニのかかりつけ獣医さんに頂きました。(ありがとうございます)

ただペーストにするには、カリカリも猫缶も問題ありませんでしたが、
シリンジに入れるペーストにするのは、今まで食べていたカリカリのメーカーのジューシータイプが楽でした(神経質な方や、自分の猫が何を食べようとしているのか知りたくない方にはお勧めできませんけど)。
あと、テーリーヌタイプ(崩すだけでペーストになりました)や15歳以上用ペースト状の猫缶にもお世話になりました。

お道具さんたち、老猫用フードを作ってくださった方、ありがとう。



DSCN3911_edited-1.jpg
何かといいますと、偽膝枕。
香箱の組みすぎで、気がつくとたいにゃんの左の手首には床ずれが!!
肩やお尻は気をつけていたのですが、手首は予想外でした。
横に寝かせてもすぐにまた香箱を組んでしまったので、おひざに持たれかけさせて、体勢を変えてもらっていました。
ただ、二時間もすると人間様の足のほうに今度は限界が来てしまって……
冬たいにゃんが寝ていたお部屋の窓に寒さよけに貼っていたプチプチを丸めて太ももの太さにして、ペットシーツを巻きました。

こっちはたいにゃんと言うよりわたしがお世話になったのかな?

ニックネーム とむ at 20:36| Comment(3) | たいにゃんのこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする