2011年12月06日

ジュニ、お家化経過(そのヨン)

三週間経ったので首輪をしてもらうことにしました。
お家猫の証明です。
本当はお外に居たときからしたかったのですが、玄関脇の木を階段代わりにしてましたから、枝に引っかかったら危ないし…… とやめておきました。
そのまま二年半近く過ごしていたのですから、多分嫌がるだろうなぁ……
と言うことで、まずはお試しにヒャッキン印の首輪をご用意しました。
ヒャッキン印とは言っても水色メタリックにお魚ワッペンの付いたおしゃれな品物です。
これなら嫌がって破壊されても悔しくないしなどと姑息なことを考えてですが。

やっぱり嫌だそうです。
とにかくとにかく前足後ろ足がとっかえひっかえ、首輪に行きます。
はずそうと必死です。
このままじゃ、首に引っかかって首吊り状態にいずれなるのは必至?
見ているところでないとつけておけませんでした。
なので夜間ははずし、外出するときにははずしておいて……
メンドイ。
だけじゃなくて回を追うごとに首輪するの嫌がるし、三回目にして二人係でないと首輪が付けられなくなりました。

見てないところでお手手が首輪に引っかかってもとれる安心首輪を買わなきゃ駄目?
などと思っていたら、家族が奮発して、ペットショップから「引っ張ると外れる猫用首輪(赤字にハート模様)」を買ってきました。
これなら、安心。
と言うわけで、付けてみました。
そしたら何故か今度ははずそうとしません。

気に入った模様です。

「やっぱりボクには赤が似合うんだよ」とか言ってそうです。
オヤブンたいにゃんがピンクだったから、首輪は赤系が当たり前とか思ってる?

DSCN4102_edited-2.jpg
でもね、見えません。

DSCN4095_edited-1.jpg
こうすると少し?
かろうじて、鈴だけ見えますが、何色でもいいんじゃない?

それとも、はじめの首輪の値段が気に入らなかったのか、
わたしが買って来たから嫌だったのか?

どっちにしろ、首輪を買って来てくれた家族はご機嫌です。


ジュニが首輪を気に入った日 −11月15日ー

ニックネーム とむ at 21:00| Comment(3) | ジュニのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする