2011年12月09日

たいにゃんの、お散歩は雪の日の理由。

今日、朝から雪がちらちらしていました。
このあたりの雪は時期的にまだ早いので、どうせすぐやむか雨になるだろうと思っていました。
ところが、予想に反して積もり、外は白くなりました。

こんな日には、たいにゃん。
決まってお散歩をせがみました。
猫一倍寒がりのくせに、もう、連れてゆくまで納得しません。

たいにゃんの、このお散歩好きには訳があります。
それは我が家に来て何年か後の何年ぶりかの大雪の降った日、
その日は親戚にお祝い事があり、早朝から人が出入りしていました。
わたしが、せっせと伯母様達の着付けにいそしんでいる間に、
親戚の出入りの隙を付いて、たいにゃん、脱走してしまったのです。
ところがこの日はイベントの日、わたしを除いた家族は外出してしまいました。
脱走してしまったたいにゃんはわたしにはつかまりません。
追えば逆効果なので、帰ってくるのを待つしかありませんでした。
この、家族の誰にも追われることなく過ごした一日がとても楽しかったのでしょう。
以来雪の日になると、うずうずそわそわ……
放っておくと、
「いいもん、ボク一人で行くからね」
となりかねませんので、仕方なくお庭が真っ白になった頃を見計らって、お散歩に連れ出します。

Dscf014a.jpg

Dscf0111a.jpg
たいにゃんは、自分の背丈より深い雪の中を、もぐったり泳いだりして、ひとしきりお散歩を楽しみました。
最後の数年は、「お散歩」ではなく「お三歩」でしたけど。
玄関でて、三歩で玄関に戻り、出た後はファンヒーターにくっついて暖をとる。
それでもお外が白くなると出たがりましたので、もう習慣だったんですね。

ねぇ、たいにゃん。
また、いつか、雪のお散歩一緒にできたらいいね。

ニックネーム とむ at 23:23| Comment(3) | たいにゃんのこと。 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする