2014年03月14日

決行!

お出かけした途中で通りかかった獣医さんを見たら、
あら、開いてる。しかも久しぶりにお客さんがいないみたい。

いつもここを通るときは診療時間外で、大概しまっているんです。
よほど意識していかないと。

ちょうどいい機会なので、例の茶っぴぃのお話をお願いしようと立ち寄ることにしました。

なんと、タイミングのいいことに患畜さんはお一方もおらず、
先生が受付に!

と、言うことで、例のお話をした結果。
「今日なら良いですよ。午前中に連れてきてください」
とのことでした。

「え、今日? 」
心の準備が整っていなかったので、若干あわてた私でした。
でもね、いつかはやらなくちゃいけないし、今を伸ばすとまたいつになるか、
のびのびになるのは必至です。
なので、茶っぴぃがお家にいたら連れてゆくお約束をして帰宅。
往生際の悪い私は、この時まだ心のどこかで、
「今日一日顔を見せなければいいなぁ」
とか思っていました。

でも、しっかり居たんです茶っぴぃ君。

なので、仕方なく腹をくくり、
キャリーに入れました。

不思議なことに茶っぴぃ君、初めてのキャリーなのに嫌がりもせず収まってくれました。
でもって、車に乗せると、
なんとカヨちゃんが
「ワタシのお友達どこへ連れてゆくの?」
とばかりに車までついてきて、足元にまとわりつきます。

「ごめんね。夕方には帰ってくるからね」
そういい置いてお出かけしました。

獣医さんでは
「どうしますか?
半野良ちゃんなら、野良ちゃん扱いでお安くできますが」
と、言われました。
けれどお耳のカットが自動的についてくるそうです。
男の子に戻すだけでも悪いのに、お耳までカットされたらもっと申し訳ないので、飼猫ちゃん扱いでお願いしました。
ジュニ君さえ納得してくれたら、お家の子にするつもりですし。

夕方お迎えに行き、無事帰ってきました。

まだ、飼猫ちゃんと一緒にしちゃ駄目だよ。
そう言われて。

帰ってきた茶っぴぃは、ご褒美の猫缶をひとつ平らげ、お休みに。


ごめんね。
茶っぴぃ。



全然関係ないけれど、
おたま猫。

DSCN4424_edited-2.jpg



ニックネーム とむ at 19:46| Comment(5) | お猫様部隊のこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする