2014年03月15日

ジュニの番。

嫌な思いをするのが、茶っぴぃだけじゃ申し訳ないので、
今日はジュニ君に災難にあってもらう事にしました。
やらなきゃいけない予防接種。
伸ばしに伸ばしていたもので。

実はジュニ君とってもビビリちゃんです。
お医者さんに行くだけでもちびっちゃうくらい。
獣医さんの待合室で、わんこにキャリーを覗き込まれるだけでも

…もう、ガマンできません。


みたいな。
なのでできるだけ刺激を避けたくて。
緊急でない、お医者さんに行くときには朝イチと決めています。
開院前に獣医さんの駐車場に入って、一番で受付を済ませれば、
待たないで診察室に通してもらえるので。

今回も、昨日窓口でのお会計の時に
明日も診療してくださるのか確認しておいて、
時計を見ながら出発です。

残念なことに今日は先客がご一名おりましたが、
それでも待合室は空。
おかげでおびえさせることなく待つことができました。

診察室に入ったジュニ君は、
もうもろ固まってます。
体中に力を入れて、キャリーの底にしっかりしがみつき。
ようやく引っ張り出し、
今度は体温測りたくても「尻尾はどこ? 」状態。

注射を一本ちくんってしてもらって帰ってきました。
ただそれだけなのに、このお顔。

SSCN5698.JPG
憔悴しきってます。
大丈夫?

はい、大丈夫でした。
午後には普通のジュニに戻りました。

怖い思いさせてごめんね。

ニックネーム とむ at 19:56| Comment(6) | ジュニのこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする