2013年12月21日

ただのシクラメンなのですが。

201312201111001.jpg


おせじにも、立派なとは言えない、なんの変哲もないシクラメン。
ですが、実はこの子、たいにゃんなんです。

植物が育つのをみるのは大好きです。
手に入った種は何でも蒔きたい性分です。
ですが、わたしが使える園芸スペースは二階のベランダの一部だけなので、
できるだけ鉢数を増やさないように普段は心がけています。
 
ところが、一昨年の夏。
たいにゃんがいなくなった直後、私の理性はどこかに飛んでいました。
ちょうどその時、冬の間楽しんだシクラメンの鉢に偶然つけていた実を見つけてしまいました。
「どうせ芽なんてでないよね」
と、ヒトリゴトを言いながら、たまたま空いていた鉢に蒔き、
たまたま近くに置いていた、毎日たいにゃんの写真に供えていたお水を捨てずにかけ続けました。

結果……

♪芽が出て膨らんで、花が咲いてしまいました。

たいにゃんのおかげかな?

こうなったら捨てられないので、少し大きな鉢に植え替え等少々手をかけまして、今に至ります。

ですが、やはりこの時の私の理性は通常とは違っていたようで、
気付けば、ベランダはいっぱい。
冬になり家に入れようと思ったところ、
さすがに家の中には置ききれない状態になってしまっていたのです。

なので、できのよかった数鉢は、知人に差し上げました。

引き取ってくださった方に「ありがとうございます」なのです。

ニックネーム とむ at 18:53| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
やっぱり、花だから種もできるんですね
シクラメンって、花が終わると摘んでしまうから
種を見ることってまずないものね


たいにゃんのお水をいただいて育ったシクラメン
見事に花が咲いてますね
私はシクラメンの育て方がへたくそで
毎年、葉っぱだけで終わっちゃうので
花を咲かせられる方を尊敬します(*^_^*)

Posted by あぐり at 2013年12月21日 19:40
あぐりさま。

シクラメンの種は毎年一鉢に一本くらい実がつきます。
丸いのが膨らんでくるのが面白くて、そのままにしておくと、はじけて種がでてきます。

シクラメンは、置いておく環境にかなり好き嫌いがある植物のようです。
わたしの場合、階下の玄関横に置いておくと、葉っぱどころか芽も出てきません。
それが、ベランダの片隅だと何もしなくても花が咲くので、何年か前からシクラメンの避暑地はベランダになりました。
Posted by とむ at 2013年12月22日 20:02
イヤイヤ、立派なシクラメンですよ!
だって、たいにゃんのお水で育ったんですからね!!
たいにゃんも、頑張って咲かせてくれたんですよ♪
うちのシロとチョコの木(桜の木)は、グングン伸びてるだけですが、
ちゃんと育ってます、根元にに眠っているシロとチョコがそれぞれ頑張ってるんでしょうね、
早く花がみたいものです。
Posted by ツナまん at 2013年12月23日 14:40
ツナまん様。

シロちゃんとチョコちゃんの桜の木、
順調に育っているんですね。
桜って、何年くらいで花が咲くのでしょう?
花が咲くのが楽しみですね。
Posted by とむ at 2013年12月23日 22:01