2012年02月17日

アリス君に代わりまして……

たいにゃんが居なくなって、お家にネズミさんが来ました。
毎晩天井裏で運動会してます。
時には、

ずずっ、ずずずっ……

と、何かを引きずる不気味な音も。
ジュニがお家に入ったというのに一向に治まりません。
やっぱりジュニじゃ、気迫不足なのかなぁ……

などと思っているうちに、物置にしまっておいた、
白菜とかジャガイモとかキャベツとか大根とかいわゆる越冬野菜が被害にあうように。
もう黙ってられません。
けど、ジュニにいまさらお外のお仕事をさせるのはちょっと……

ていうか、最近お外のにゃんこさん、見てません。
何故かジュニがお家に入ってから、それまで我が家のお庭をうろうろしてジュニを追い掛け回していたにゃんこが軒並み姿を消したというか、我が家の庭に近寄らなくなってしまったのです。

もしかして、ネズミが増えたのってこのせい?
って、ことでにゃんこさんをご招待することにしました。

物置の入り口にキャットフードを置いておくと、
三日とせずに現れてくれました。

1番、黄色の首輪が可愛い雉トラ「くびわちゃん」
2番、ジュニを追い掛け回したり「はぶっちーくん」
3番、くびわちゃんとはぶっちーの子供? 六ヶ月くらいのブルー猫「シンデレラのシンちゃん」
4番、この中では一番の古参、白黒の「ブチやん」
そして、
5番、はぶっちーに似た色だけどお団子尻尾の「おだんごちゃん」
一週間でこれだけ集まってくださいました。

そして、目論見どおり、物置のネズミさんを退治してくださったようです。
時折、その痕跡が……
だけじゃなく、天井裏のネズミさんの運動会が下火になりました。
ありがとね、にゃんこさんたち。

その上におまけが、
にゃんと、お団子ちゃん、妙に人なれしてまして、
玄関先に寄ってご飯をねだってくれるようになったんです。
近寄ってくれたおだんごちゃん、飼猫なのか、くびわのあとがありました。

DSCN4245a_edited-1.jpg
はじめまして、「おだんごちゃん」です。

DSCN4241a.jpg
おだんご尻尾、かわゆいでしょ?
 

ニックネーム とむ at 19:56| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月13日

思い出の木は今。

先日切られてしまった思い出の木。
あれからわずか十数日でこうなりました。

DSCN4153a.jpg

「キャットタワーにする(←技術もないくせに、自分で作るつもりだったらしい)からくださいな」
と、お願いしたら、なんと、わたしが風邪引いて寝込んでいる間に、キャットタワーになってお家に入りました。

ジュニ気に入ってくれるかなぁ。
と、思ったら、まるで無視。
作ってくださった方に申し訳ないので、強引に乗せてみました。
DSCN4160a.jpg

けどね、
DSCN4157a.jpg
アップ顔、完全におびえています。
さすがビビリちゃん。

そして、
DSCN4165a.jpg
あっという間に降りてしまいまして、以後見向きもしません。
やっぱり皮剥いたのがいけなかったのかなぁ。
それともただ見慣れない物がお家に生えてきておびえているだけ?

お願いだから早く慣れて使ってください。

 
 製作者様、ありがとうございます。
ニックネーム とむ at 21:25| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月26日

思い出の木ともさようなら、なんです。

我が家の玄関の両横には、無駄に大きな植木が一対植えられておりました。
DSCN1183.JPG
かつて、たいにゃんがガラス越しでないジュニと初めて遭遇した木。

ジュニやアリス君は、この木を階段代わりにしてベランダに上ってきました。
思い出の木です。
二年間の上り下りの結果、木はこんなことに。
DSCN4107_edited-1.jpg

痛んだことが原因ではありませんが、
本日急に家主さんが「この木を切って他の木を植える!」と言いました。
思い立ったがなんとやら、
木は夕方までには切り株と化しました。

長い間ありがとう。
風除けとか、ジュニの階段とか、お仕事ご苦労さまでした。
ニックネーム とむ at 22:51| Comment(3) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月22日

さよならは、続くもの?

アリス君が姿を消しました。
たいにゃんがいなくなってちょうど二ヶ月、8月18日を最後に我が家にやってこなくなりました。
毎日ご飯を用意して、待って待って待って……
とうとう三ヶ月経ちました。

アリス君、どうしちゃったの?
我が家のご飯おいしくなくなっちゃった?
それとも、オヤブンと慕っていたたいにゃんがいなくなってしまったから、我が家に挨拶に来る必要性を失ったのかな?
もしかして、ジュニがおうちに入ることが確定したから、安心した?

それならいいけど。

最後に観た君は、まるでぼろ雑巾のように毛皮はぐちゃぐちゃでやせ細っていたから、
よくないことを考えてしまいます。
ご近所の猫好きサンにお話を聞いても、誰も君の消息は知りません。
皆さん口をそろえて、八月のお盆過ぎから姿を見ないと言ってます。

どこにいっちゃったのかな?

さよなら、なのかな?
もう会えないのかな?

あの時最後の日、私がたいにゃんを失ったことに思考を失ったままじゃなくて、
ご飯をあげる以外何もしてあげられなくて、
もう少し早くその気になって、保護してあげていたら、
君はどこにも行かなかったのかな?
ごめんね、ごめんね、ごめんね。

それでも、どこかでやさしい人に保護されて、あったかなおうちの中で過ごしていることを祈っています。
ニックネーム とむ at 23:06| Comment(6) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

花火転じて瓜坊見物

8月の5日は地元の花火大会です。
いつもの年ならたいにゃんと、花火見物に行きます。
はにゃび大好きなたいにゃんは、前夜祭の花火から
「つれてけ!」
って、大騒ぎでしたから。

今年は……
当然のことながら。
行くつもりどころか行く気力すらなかったわたしに家族が言いました。
「いつもとは違うアングルの花火を見せてやる」
面倒臭がりで、花火もいつも一人でお留守番のひとがです。
おそらくは、花火見物の相手をなくしたわたしに気を使ってくれたんだと思います。
ありがとう。

早速乗り込んだ車は「違うアングル」と言うだけあって、いつもとは逆方向へ走り出しました。
花火からはとおざがる方向です。
家の裏手のおやまを上って林道に入って……
しばらくすると道路は舗装じゃなくなりました。
もし対向車が来てもすれ違えない細い道、両側からは木の枝や草が生い茂り、
本当にこんなところから花火が見えるのか?
半信半疑のわたしを乗せて車はどんどん先へ進みます、当然街頭もなく、先は見えないせいで、車は時折予告なく大きくバウンドし、しかも運転手さん半端じゃなく運転が荒い。見えないはずなのにすごいスピード。
先がほとんど見えないのに、このスピードは何? お願いだからもちょっとゆっくり運転してぇ!!!
思わず叫びだしたくなるスリルでした。
車酔い、しない体質でよかったぁ……

道もないような山の中を三十分は走ったでしょうか?
いまだ花火は見えません。
ところが、道の先を何かの塊が不意に横切りました。
ちびわんの二倍はあろうかと言う大きさで、四足で……
その後を猫よりふたまわりは大きなまあるいのがふたぁつ、せっせとついてゆきます。
鼻の先がとがって首がなくて、もしかしてあれはイノシシと言う生き物じゃありませんか。
と言うことは後ろをついてゆく、ちびっちゃいのは瓜坊?
はじめて見ました。
生きてる瓜坊。
こんな風にママの後ついて歩いていくんだぁ。
残念ながらカメラを持ってゆかなかったので写真は撮れませんでしたが。
貴重なものを見させていただきました。

いつもと違うアングルの花火は……
唯一見えるという場所が先客でいっぱいで
(知る人ぞ知る、あんな山の中なのに、来る人いるんですね)
結局、その場を通り抜ける間ちょっぴり垣間見れただけでした。
残念。
その後、林道を抜けて街へ降りて家へ帰る道すがらいつもより近い花火を走る車の中から見てました。

たいにゃん、来なくて正解だったよ。
君車酔いするしね。

たぶん、夜間の林道走行も、瓜坊親子も、見下げるアングルの花火も、もう一生見ることないだろう、貴重な体験をさせていただきました。
仕事で疲れていたはずなのに、ありがとうございました。
ニックネーム とむ at 23:30| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする